プロフィール

=りゅーさん=(藤江竜三)

Author:=りゅーさん=(藤江竜三)
国立市議(政党は無所属) 

和光保育園、国立第二小及び中学校、立川高校、青山学院大学卒。 

国立市の財政・老朽化するインフラ・若者などをテーマに活動中。

身長 178  体重 63

好きなAAは(^△^)

藤江竜三 HP 
http://fujieryuzo.com/

最新記事

国立市議会議員選挙立候補予定者&その他

お気に入りに追加

カテゴリ

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

旧国立駅舎とその両サイドのビルの話



 三月議会の注目の陳情はこれでした。

「JR東日本株式会社による国立駅南口開発に関する陳情」です。

 平成32年度に国立駅舎が復元するその両サイドにJRさんが動画のようなビルを建てるという話が出てきました。それに対して、商工団体を中心に異論が出てきました。それがこの陳情です。

 陳情の主な内容は3点です。
・旧駅舎の東側用地は商業ビルではなく緑地として開放してほしい
・西側の商業ビルも旧駅舎との間に十分に空間をとってほしい
・土地活用も含め市の南口複合公共施設整備用地と連携してほしい

 またさまざまなところで話を伺うと、この土地はずっと過去に箱根土地株式会社が鉄道省に寄付したもので国鉄からJRになったからといって自由に使うというのはおかしい、JRの敷地内だけで人の流れが完結してしまい街の商店への影響が大きくなる、景観上の問題があるといった声も聞かれました。
 一方、他の立場だと既にJRの土地になっている場所に国や街の住民の合意形成をもとに作られている法律や条例に基づいて建築物を建てるのにその法律や条例以上に制約を受ける必要があるのか、駅前に新しい建物ができるとうれしいといった声が聞かれました。

 建設環境委員会では、市としては土地の交換や連携も含めてあらゆる可能性を排除しないでJRと協議していくという答えがありました。また委員会の結論としてはこの陳情を可としても市とJRとの交渉の足かせになりうる、また否決されたとしてもJRは何でもいいのかということになってもいけないということで、継続的に審査を続けるという形に落ち着きました。

 本会議でも全会派一致でこの陳情を継続審査として市とJRとの交渉を見守るという形になりました。


| ホーム | 30年度は過去最高の予算規模 >>


コメント

読売新聞に商業施設のイメージ図が出ていましたが、これだと旧駅舎が札幌市時計台のような「ガッカリ名所」になってしまう、さりとて駅前の一等地を一銭の得にもならない緑地帯などにするのはJR東日本としても許すわけがないと思います。

ここでご注意頂きたいのは、決してマンション訴訟の時みたいな「後出しジャンケン条例」を作らないでほしい、ということです。

まぁ、落とし所の一つとして、貴会派所属の石井めぐみ先生の「宿泊施設案」も有りなのかな?と思っています。周りの商店街も直接的な商売敵にならずに済みますし。

Re: タイトルなし

後出しジャンケン条例は私もありえないと思っています。
現状は市とJRの交渉を応援していきます。

> 読売新聞に商業施設のイメージ図が出ていましたが、これだと旧駅舎が札幌市時計台のような「ガッカリ名所」になってしまう、さりとて駅前の一等地を一銭の得にもならない緑地帯などにするのはJR東日本としても許すわけがないと思います。
>
> ここでご注意頂きたいのは、決してマンション訴訟の時みたいな「後出しジャンケン条例」を作らないでほしい、ということです。
>
> まぁ、落とし所の一つとして、貴会派所属の石井めぐみ先生の「宿泊施設案」も有りなのかな?と思っています。周りの商店街も直接的な商売敵にならずに済みますし。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ブログランキング投票中 FC2 Blog Ranking SEO対策:就職 SEO対策:就職活動 SEO対策:選挙 SEO対策:転職 SEO対策:政治家 私を登録 by BlogPeople