プロフィール

=りゅーさん=(藤江竜三)

Author:=りゅーさん=(藤江竜三)
国立市議 

和光保育園、国立第二小及び中学校、立川高校、青山学院大学卒。 

国立市の財政・老朽化するインフラ・若者などをテーマに活動中。

身長 178  体重 63

好きなAAは(^△^)

藤江竜三 HP 
http://fujieryuzo.com/

最新記事

国立市議会議員選挙立候補予定者&その他

お気に入りに追加

カテゴリ

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

管理者に一言。メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

国立市にしている政策提案

国立駅舎26372

 まちを歩いていたら国立市にどんな政策提案をしているのか?と興味を持っていただいたので、その一例をあげます。

 最近ですと、ふるさと納税の改善があります。

 税制が変わってふるさと納税集めの自治体間の競争がますます激しくなっています。さまざまな自治体でいかに寄付を集めるかに力点を置いています。しかし、それだけでは駄目です。

 ふるさと納税は寄付を集めるだけでなく、返礼といった形で自治体のPRをできる大きなチャンスだからです。お金集めと同時に、全国の人へ国立市の魅力をとどけて行かなくてはなりません。

 従来のふるさと納税ですと、1万円寄付すると3000円程度の返礼を1回送って終わりというパターンが多くなっています。10万円でも10倍になるわけではありません。国立市は1万円で3000円分程度、3万円以上で6000円分程度の返礼をしています。

 このままですと、5万円や10万円そしてさらにその上と寄付する動機づけが若干弱いものになってしまっています。

 そこで、新しく提案しているのが、寄付を貰ったときの返礼を、季節ごとや月ごとに分割して送るということです。

 例えば、春はほうれん草、夏はアイス、秋はソーセージ、冬はくにたちで使える商品券と返礼を分割して送ります。

 そうすることで、くにたちへ寄付をして頂いた方に1回品物を送るよりも、年中くにたちのことを意識することになり好きになっていただけます。恋人を獲得するのも、1回大きなプレゼントを渡すよりも、数回に分けて小さなプレゼントを渡したほうが効果的だと言われています(笑)

 また、こうした仕組みであれば5万円や10万円といった高額の寄付へ返礼の対応がしやすく、そういった寄付をしていただけるような高額納税者にもくにたちのPRができると考えています。

 といった政策提案をしました。
 
 まだ実現はしていないので、今後も実現に向け努力します(^_^)/



<< 市長選挙公開討論会 | ホーム | 国立ニュース15号 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ブログランキング投票中 FC2 Blog Ranking SEO対策:就職 SEO対策:就職活動 SEO対策:選挙 SEO対策:転職 SEO対策:政治家 私を登録 by BlogPeople