プロフィール

=りゅーさん=(藤江竜三)

Author:=りゅーさん=(藤江竜三)
国立市議 

和光保育園、国立第二小及び中学校、立川高校、青山学院大学卒。 

国立市の財政・老朽化するインフラ・若者などをテーマに活動中。

身長 178  体重 63

好きなAAは(^△^)

藤江竜三 HP 
http://fujieryuzo.com/

最新記事

国立市議会議員選挙立候補予定者&その他

お気に入りに追加

カテゴリ

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

管理者に一言。メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

弁論大会

写真 12-12-15 10 24 02
 
 弁論大会に行ってきました。

 出場ではなく観戦です。

 弁論部、雄弁部というと昔の政治家の登竜門といったイメージです。しかし実際には見たこともなく、機会もなさそうと思っていました。ところが僕のところにインターンに来ていた学生が、たまたま弁論部ということで、全国学生弁論大会に誘ってくれました。


 弁論の目的は「聴衆を説得すること」。そしてそれを3人の審査員で100点満点で審査します。

 時間は約10分で質疑が5分。

 そして弁論の内容は、介護の苦労を和らげる制度作り、首都高の地下化、若者の政治参加といったものから天皇制は人権侵害であるといった激しい内容までさまざまなものがありました。

 そういった弁論を聞いているとなるほどーとかそれは違うでしょと思うところがあります。で弁論大会の面白いところがそういったところにはガンガン野次が飛ぶということです。

「矛盾してるぞー!!」
「その通り!!」
「それは制度上の問題だろーー!!」

と市議会費22倍といった激しい野次です。

 確かにああいう環境で育った政治家は場馴れしているだろうなと納得しました。




ゆったりと

政権は急に変わります。

しかし、自分たちの生活は急に変わるわけではありません。

仮に民主党政権がものすごく頑張る政権だったとしても、国民生活がいま改善されていたかは疑問です。

また最良の選択をしたとしても国民生活が、改善されるとは限りません。世界情勢の変化、災害など政治の力だけではどうしようもないことがあります。

そういったこともあるので、新政権のことは気長にじっくりと見ていきたいと思います。


明日、投票日。

 ついに明日が投票日ですね。

 そこで3つ言いたいことを書きます。

 第一に選挙に行くことこそが大事です。投票率をあげることが、日本に長期的な視野を持った政治家を増やすことにつながると思います。行っても行かなくても、選挙の当落は変わらないかもしれません。しかし、世代別投票率はデータとしてしっかり残ります。偏った世代別投票率でなく全年代があがれば、全年代を意識した政策になります。だからこそ、行くことが大事です。

 第二に改革とか変えるとか脱~という言葉は聴こえは良い言葉がありますがそれって本当にいいの?ということをしっかりと考えなくてはなりません。例えば一つだけ例をあげますと、脱官僚・減給与という趣旨の政策があります。これは、はっきりいってやりすぎなところまで来ていると思います。官僚のトップは年収が3000万円前後あり、他の官僚も高給を貰っているというイメージがあります。羨ましい限りです。しかし、だからと言ってこれを無闇に下げろでは、あまりに安直です。公務員の給料を下げれば、民間の給料も下がります。また人的な質が下がります。そうなれば本当に損をしているのは誰なのかということまで考えるべきです。実際に、あまりの官僚バッシング、待遇悪化のために、官僚になりたがる減っているそうです。大きな問題があるのに人気が取れればと各政党が主張しています。

 最後に選挙に行かない人がいたら僕のブログを見せてください・・・ではなく乙武洋匡さんのHPをみてください→http://t.co/44877mxG 。選挙に行かない人に向けて、もの凄い説得力があります。

 それでは明日の日本がさらに良くなっていくことを願って、また明日。


どこにしようかな♪

写真 12-12-01 0 14 32 2

さて都知事選挙、衆議院選挙と近づいてまいりました。

どこを選択するか決めるため、気になる政党の政権公約のパンフレットを印刷しました。

前回の民主党のマニュフェストは結局のところ嘘ばかりになりましたが、こうして並べてみると今回も各政党無理なことを書いているような気がします。

脱官僚っていうけど、それが出来るほど人材がいるの?
民主党ってそれで失敗したんじゃないのかな?
原発0はいいんですが、自由化で0にするというのはどういうことだ?
アメリカは原発ないの?
過度な地方分権って本当にいいの?
中央集権のほうが効率がいいからそうなったんじゃないの?

などなど疑問は尽きません。

こんなことがあるので、ぜひとも自分が入れようと思っているところは、ネットでご覧になってください。すごい勇ましいことが書いてあると思います。

それを吟味してから投票してはいかがでしょうか?

| ホーム |


 BLOG TOP 


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ ブログランキング投票中 FC2 Blog Ranking SEO対策:就職 SEO対策:就職活動 SEO対策:選挙 SEO対策:転職 SEO対策:政治家 私を登録 by BlogPeople